腰痛の人がソファに座ると痛みが悪化するって本当?正しいソファ選びのコツと改善方法を教えます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「体圧分散」「サポート感」「姿勢」がポイント!

腰痛

腰痛の辛さは経験した人でないとわからないものです。ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などさまざまな腰痛がありますが、共通して言えるのは、座ることへの恐怖心ではないでしょうか。恐怖心という言葉は少し大げさに聞こえるかもしれませんが、くつろぐためのソファにさえも、腰痛持ちの人にとっては痛みを感じるという恐怖を感じてしまうのです。しかし、ソファの快適さは他のものに代えがたいところがありますし、慎重に選べば腰痛を感じずに座ることが可能なのです。腰痛の人にとって、より快適で体に優しいソファはどのようなものか、ソファ選びのポイントをご紹介します。

◎体圧を分散する

柔らかすぎるソファやマットレスが腰痛の人には適していないというのは、よく知られています。ソファが柔らかすぎると腰が沈んでしまい、体重が腰にかかって負担となるからです。だからといって、硬いソファがよいというわけではありません。硬すぎても腰に衝撃が加わり、痛みを感じる原因になってしまいます。柔らかくても体圧を分散し、適切な姿勢を保てるかどうかが重要です。柔らかすぎず硬すぎず、適度な弾力のあるものを選びましょう。

ソファの構造には、面で体を支えるコイル構造をもつウェービングベルトとSスプリング、点で体を支えるコイルスプリングとポケットコイルスプリングがあります。このうち、特に体圧の分散に優れているのが、ポケットコイルスプリングです。マットレスなどにも使われているもので、コイルのひとつひとつが独立しているので、体重がかかる部分のコイルが伸び縮みし、腰への負担を軽減してくれます。

◎サポート感

体を包み込んでくれるフィット感があると、ゆったりとくつろげますよね。そこで重要なのは、腰とソファの間に隙間ができないことです。腰への負担のないものというと、座面にばかり目がいきがちですが、背もたれもソファ選びの大切なポイント。フェザーやシリコンフィルだけだと、座り心地はよいのですが、背中をしっかり支えてくれないので、足が浮いてしまい、体を支えるには物足りません。理想的な背面は、面で体を支えるウェービングベルトやウェービングテープなどの構造のものです。柔らかい感触ながら、腰まわりをしっかりとサポートしてくれます。

中年 男性

◎姿勢

ソファはリラックスすることが目的ですが、腰が沈んだり体が倒れてしまったりするようなものは、かえって腰によくありません。長く座っていると腰が痛くなり、長時間くつろぐには不向きです。ソファを選ぶときには、必ず座ってみて、角度や膝下の高さをチェックしましょう。浅すぎず深すぎないものがベストです。また、背中(背もたれ)部分の角度も大切です。自分の体格、姿勢に合ったものが見つかるまで、いろいろなソファを試してみてください。

腰痛の人が選んではいけないソファとは?

ソファ選びで注意したいのが、デザインや色、素材などに目がいきがちなことです。どんなにオシャレなソファでも、腰が痛くなるようなソファは腰痛の人には向いていません。腰痛のある人が選んではいけないソファ、その代表的なものが次の4つです。

1.ローソファ

部屋が広く見えますし、オシャレな雰囲気のローソファですが、座面が低いため、膝を直角に曲げることができず、腰に大きな負担がかかってしまいます。また、立ち上がるときも腰を深く折るような姿勢になるので、腰まわりの筋肉に大きな負担がかかり、ギックリ腰になる恐れもあります。

2.座面がフカフカしているソファ

座面が柔らかいと猫背になりやすく、長時間座っていると、椎間板が神経を刺激して強い痛みを感じることも。柔らかさより、長時間楽に座っていられるかどうかをポイントに選びましょう。

Young woman sleeping on the sofa

3.幅が狭いソファ

腰が浮きやすくなる傾向があるのが幅の狭いソファです。横になることもできず、その結果足を放り出して腰を浮かせたような姿勢になるのが欠点です。

4.座面の奥行が広すぎるソファ

奥行があると深く腰掛けにくいというデメリットがあります。膝に合わせると腰が浮いてしまい、背もたれに寄りかかれば足が浮いてしまいます。広いといろいろな姿勢に対応できるのはよいのですが、腰に負担がかかる姿勢を続けていると、ときに強烈な痛みに襲われることもあるので要注意です。

今あるソファにひと工夫

Green sofa and red backrest pillow in living room

せっかく気に入って買ったソファ、まだ傷んでもいないのに今すぐ買い替えるのはもったいないですね。そんなときは、ソファに腰当クッションを置きましょう。とくにおすすめなのが低反発クッションです。クッションを置くことで、背もたれと腰の間に空間ができず、腰が反り返ることがないので、腰や背中にも負担がかかりにくくなります。ソファを買い替えるのに比べ、はるかに手頃な値段で買えるので、お財布にも優しいですね。

また、日常の動作などに気をつけることで、腰痛を軽減したり予防したりすることも大切です。腰に優しい姿勢を心がけるのはよいのですが、理想的な姿勢でも長く続けていれば疲れますし、負担になります。少しでも疲れを感じたら姿勢を変えることで、筋肉にかかる負担が分散され、腰への負担も軽減されるはずです。また、座る、立ち上がる、しゃがむ、伸びるなど、ひとつの動作から次の動作へ移行する際は、ゆっくりと腰の状態を意識しながら行いましょう。特に長い時間座りっぱなしのあとに立ち上がるときは、十分注意してくださいね。

Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*