体が目覚める!さわやかな朝の簡単ストレッチメニューでスッキリ気分爽快!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

一日の始まりは「朝のストレッチ」から

ストレッチというと運動の前後や夜、お風呂から上がって寝る前にするものというイメージがあります。でも、朝、目覚めたときにストレッチを行うことで、心身共にリフレッシュできるだけでなく、ダイエットにも効果的と言われているのです。そこで朝のストレッチにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

女性 睡眠

1.血流がよくなる
ストレッチを行うと筋肉が刺激され、そこにエネルギーが発生するので代謝が高まります。この体温上昇やストレッチを行うときの心拍数の上昇によって、血流がよくなる効果が。むくみや疲労感などが、血流がよくなることで改善できるのです。特に足のストレッチは冷えにも効果的なので、冷え性気味の人におすすめですよ。

2.すっきりと目覚める
朝のストレッチで目が覚め、1日の準備もスムーズにできるように。ゆっくりと呼吸しながらストレッチを行えば、血液循環によって酸素が全身に行き渡り、体も覚醒状態になります。

3.自律神経を整える
自律神経の乱れは、体調不良の原因になったり、肩こりなどの不定愁訴を引き起こしたりすることがあります。特に起き抜けは体がストレスを感じているので、ストレッチでリラックスしならがゆっくり呼吸をすることで、自律神経を整えるとよいでしょう。

4.痩せやすい体になる
筋肉を伸ばすことで体はエネルギーを使い、体温が高くなります。毎朝のストレッチを習慣にしていると、基礎代謝が上がり、痩せやすい体に変化していくのです。とはいえ、運動強度としては軽いのでダイエット効果までは期待できません。ストレッチで脂肪が燃えやすい状態にしてから運動を行えば、ダイエット効果も上がります。

5)集中力がアップする
デスクワークなどで同じ姿勢を長時間続けている人も多いと思いますが、毎日の積み重ねで脳はかなり疲労しており、集中力も低下してしまいます。そこで朝のストレッチを行うと、交感神経が働いて脳を活性化させてくれるので集中力がアップするというわけです。

ベッドの上でもできる「朝ストレッチ」で快適な一日を!

寝ている間にも体は硬くなり、体温が下がる朝は代謝も落ちています。日頃から体温が低めの人や冷え性の人は特に影響を受けやすく、体が活動できる状態になるまでに時間がかかってしまいます。そこで朝一番のストレッチで硬くなった体をほぐし、体温を効率的に上げて、すっきり快適な一日をスタートしましょう。

布団やベッドの上でもできる簡単朝ストレッチの方法をご紹介します。

ストレッチする白人女性

●背伸び
両手を組み、バンザイをするように手足をできるだけ遠くに伸ばします。肩やももに力が入らないようリラックスしながら行いましょう。10秒間連続して伸ばし、脱力して力を抜くという動作を3〜5セット行うとよいでしょう。

●肩
右腕を伸ばし左腕で挟みます。左へ引っ張り、ゆっくり伸ばしていきます。このとき肩や腕に力が入らないよう注意して。自然な呼吸をしながら左右30秒ずつ伸ばしましょう。

●胸
立ち上がり、両手を組んで後ろへ伸ばします。肩に力を入れず、背中が丸まらないよう意識して行いましょう。これも30秒を目安に行ってください。

●背中
ベッドや布団の上で四つん這いになり、お尻をかかとに向けて下ろしていって重心を後方へ移動させます。顔を布団に近づけて、背中が伸びるのを感じながら30秒行いましょう。

●ももの裏
膝立ちの状態から片脚を前に出します。このとき後ろの脚はかかとを上げ、つま先立ちの状態になっています。前に出した脚のつま先を上げてかかとに重心を置きます。床に手をつき後ろのかかとにお尻が当たるように、後方へ体重を移動します。ももの裏が十分伸びていると感じたらそこで動きを止めて、自然な呼吸をキープします。片脚30秒ずつ行ってみてください。

Yoga cat stretches herself elevating back, good morning

●ふくらはぎ・足首
片方の膝を立てて座り、胸をももにつけて膝を抱え込むようにしながら、前方にゆっくりと体重をかけて倒していきます。このとき、かかとが床から離れないように意識しましょう。左右各30秒を目安に行ってください。

●腕回し
スキップしながら腕を前回し、後ろ回しを交互に行います。腕を前後10回ずつ回すのが目安です。

●股関節
自然な姿勢で立った状態から片足を持ち上げます。膝の頭を中心に後方から前方へと回し、股関節を回しましょう。上半身が正面を向いた状態を意識しながら、左右10回ずつ行ってください。

まとめ

若い会社員の男性

朝は忙しくて・・・という人でも、わずか2~3分でできるのが朝ストレッチのメリットです。ベッドから出る前にぜひやってみてください。頭も体もすっきり目覚めて、一日の活動もスムーズにスタートできるはず。痩せやすい体も手に入れることができるため、まさに一石二鳥ですね。

Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*