ゴルフのスイングで腰痛になる原因とは?治療と予防法をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ゴルフをすると腰が痛い!その原因とは

ゴルフを趣味としている人の中でも、せっかく楽しみにしているのに終わった途端、毎回のように腰が痛くなるという悩みを抱えている人が少なくないようです。なぜゴルフをすると腰痛が出ることが多いのか、まずはゴルフというスポーツの特性と併せて、原因をご紹介します。

Golf club and ball on green grass

ゴルフは、野球やテニスなどの球技系スポーツと同じように、利き手・腕を使うスポーツです。とくにゴルフのスイング動作は、右利きなら右から左へ、左利きなら左から右へというように、急激に体をねじります。つまり同じ筋肉ばかり酷使しているため、体のバランスが崩れてしまうのです。右利きのゴルファーの場合、左側の脊柱起立筋などが縮んで左右のバランスが崩れてしまい、骨盤や腰椎の歪みにつながります。そのために片方だけの腰痛を引き起こすようになってしまいます。

その他の腰痛の原因としては、準備運動不足があります。ラウンド前に全身の筋肉を温め、腰を回す筋肉、体を曲げる腹筋や背筋などをしっかりストレッチしているでしょうか。これを怠ると、急激なスイングで縮こまった筋肉を引き伸ばしてしまい、筋肉が傷ついて炎症、痛みとなって現れます。特に冬の寒い時期は体が硬くなっているので、準備運動なしでフルスイングすることが腰痛の原因となってしまうことが多いのです。

屋外で脚のストレッチをするシニアの男性

さらに、ラウンド中カートで移動する人、ゴルフ場へ車で向かう人も要注意です。走ったり歩いたりすることで、偏って使われた筋肉のバランスを修正することができるのですが、ゴルフはティーショットを打った後すぐにカートに乗りますね。つまり、歩くことが少ないので全身の筋肉を使うことが少なく、バランスが修正されないのです。また長時間の運転、同乗は、血流が悪くなり腰の筋肉を縮こまらせることに。その状態で準備運動もせずにラウンドに出れば、腰痛はますます悪化してしまいます。

腰痛にならないためのラウンド術

では、どうすればゴルフでの腰痛を防ぐことができるのでしょうか。

まずスイング方法から見ていきましょう。予防方法の一つ目は、普段スイングする方とは反対に素振りをすることです。プロゴルファーの中には、スイング後に反対の素振りを繰り返している人がいますが、これは左右対称性やバランスを意識しての動作。反対に素振りをすることで偏っていた筋肉を修正し、バランスを調整しているということです。アマチュアゴルファーにもこれはおすすめ!練習後やティーショットなどで待っている間も、反対の素振りをしてみましょう。

ゴルフ
もう一つ大事なことは、筋肉が温まってからフルスイングすること。腰を傷めないためにも、練習前やラウンド前には必ずストレッチを行い、腰や全身の筋肉を十分緩めて、筋肉が温まったところでスイングするとよいでしょう。

次にスイング以外で心がけたい腰痛対策もご紹介します。まずは腰を温めることです。足腰が冷えるとどうしても腰の痛みが出やすくなるもの。特に冬場のゴルフは冷えとの戦いといってもいいほどです。朝方もかなり冷え込んでいますので、しっかり防寒対策を行い、足腰を冷やさないことが腰痛予防には欠かせません。カイロを腰に貼るなどして、冷やさないよう注意しましょう。

また、体の歪みを直しバランスを整えることも重要です。反対に素振りしたり準備運動を行ったりしても腰痛が改善しない場合は、体の歪みやねじれが大きいことが考えられます。軽度の脊柱狭窄症や椎間板ヘルニアがある場合もあるでしょう。こういった症状があるときは、ゴルフを中断し、体の歪みを直すことから始めてみてください。整体によって、左右の手と脚を動かす筋肉を調整し、骨盤や腰椎など骨の歪みを改善することができます。

長くゴルフを楽しむめに

ゴルフが大好きなのに腰痛に悩まされて楽しめないのはとても残念なことです。いつまでもゴルフを楽しみたい、生涯の趣味として付き合っていくためには、日頃からの腰痛予防対策も大切ですね。そこで、普段から気をつけたいこと、やっておくとよいことをいくつかご紹介したいと思います。

腰痛改善には様々な方法がありますが、寝返りを多くするという方法が注目されています。腰痛のある人は体が硬く、腰痛ではない人に比べて寝返りをする回数が少ない場合が多く見受けられます。つまり、寝返りをたくさんできるように柔らかい体にすることが腰痛改善、予防に役立つのです。

029_4_180958803_XS

また、ゴルフを行わない日常生活の中でも気をつけたいことがたくさんあります。一つは猫背にならないようにすること。歩く姿勢や座っているときの姿勢にも意識を向けるようにしましょう。これだけでも腰痛対策になります。猫背にならないように気をつけることで腰への負担も軽減され、ゴルフのスイング時にも姿勢が悪いことに気づきやすくなる効果も。もし、筋肉の疲労があり腰痛が起こってしまったときは、ゆっくりとした静的ストレッチを行いましょう。静的ストレッチとはクールダウンに用いるストレッチで、筋肉を15~30秒程度伸ばすストレッチのこと。硬くなっている腰回りの筋肉をリラックスしながら伸ばしましょう。勢いをつけて急激な動きをするとかえって筋肉を傷めることがあるので、くれぐれもゆっくりと行うことを意識してくださいね。

また、症状や痛みの度合いによっては、ゴルフ用のサポーターもおすすめです。ゴルフ用の腰サポーターで腰を安定させることで、自然なスイングが可能になるうえ、左右のバランスが取れるようになります。慢性的な腰痛を抱えている人なら、完治するまで腰サポーターで腰を守るとよいでしょう。プレイ中もプレイ後も疲れが残らなくなった、腰痛がやわらいだと感じることができるはずです。

Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*